事例紹介(杜若園芸)

株式会社 杜若園芸様

水生植物では全国有数の老舗生産者である、杜若園芸様。京都府南部の豊富な水での杜若(カキツバタ)の生産を原点とし、切花花材にとどまらず、広く水性植物(ハス・スイレン・カキツバタ・500種以上の水草)を生産・卸・販売されています。また、植物とその関連商品(鉢・土等)の通信販売や、ビオトープ関連・造園・緑化資材等と幅広く事業を進められております。

平成16年秋のジャパンガーデニングフェアー弊社ブースに岩見社長(当時専務)がご来場されたことが、弊社とのお付き合いが始まるきっかけでした。

当時、杜若園芸様は「水生植物では老舗企業なのに、消費者には杜若園芸がなかなか浸透していないので、水生植物なら杜若園芸と思われるようにブランド化をしていきたい」とお考えでした。

岩見社長様、営業担当の鈴木様より、水生植物の魅力を活かした「緑による安らぎと癒し・和み」を、消費者に広く提案されていきたいというお話を伺いました。

そこで「涼しげな水流と睡蓮の艶やかさ・癒し」をコンセプトに、「アクアシャングリラ」をブランド名に決定。

デザイン的には、アジアンリゾートのイメージに京都の老舗としての品の良さを加味し、ラベル・ポップ・ポスターそしてカタログまで制作させていただきました。

(写真)カタログ、ラベル、ポップ

杜若園芸様には大変気に入っていただき、イメージUPになると喜んでいただけました。翌年のジャパンガーデニングフェアーにご出展の際にも、ブースの看板ポスターなどもご提案させていただき、バイヤーの方にも大変好評とお伺いしました。

営業担当 鈴木様より

展示会でアクアシャングリラの大型ポスターが大変好評で、バイヤー様からもかなり関心をもたれました。またラベルも「このアクアシャングリラ指定で」と言われるお客様も多く、販売拡大につながったと思います。
ブランド化して良かったですね。

株式会社 杜若園芸様のサイトはこちら