事例紹介(西垣園芸)

有限会社 西垣園芸様

(写真)岐阜県の農場

西垣園芸様は岐阜県の大手花苗・鉢花生産で、オステオスペルマム、ランタナ、ラベンダーなど30種以上を生産し全国に販売されています。花苗生産にあたっては、消費者のニーズを積極的に取り入るマーケティングを大切にされ、営業力強化の企業づくりをされています。

西垣園芸様とのお付き合いは平成15年6月から。その頃の西垣社長の問題意識は「いくら良い商品を作っても、このままでは他の商品と差別化ができないので、独自の販促ツール制作が必要」というもの。しかし、地元ではその思いを具体的にデザインされるところが見つからなかったようです。そういう状況の中、紹介でお話があり、訪問させていただきました。

まず農場を拝見・取材させていただきました。その取材を基に「生産されているお花の品種」「西垣社長様の花づくり・ビジネスへの情熱」「社長様も含め従業員の方々の実直なお人柄」などを勘案して、明るく・可憐なイメージのデザインで統一したカタログ・ラベル・ポップをご提案しました。

(写真)カタログ、ラベル、ポップ

特にラベルは品種ごとにシリーズデザインとして、単に花を売るだけなく、消費者にその花の新しい魅力・楽しみ方を売場で提案できるように、今までとは違った企画やデザインをご提案しました。

秋の主力商品である友禅菊は、いままでの仏花のイメージを払拭し、洋風で可愛いイメージ「恋するデージー」シリーズとして展開。これは、友禅菊が恋占いに使われたいわれがあるところからヒントを得ています。

夏の主力商品のランタナ、サマーキャンドルなどは「夏の庭を魔法のように鮮やかにする」というコンセプトで「トロピカルイリュージョン」シリーズなど、消費者がラベルでも楽しめ、さらに西垣園芸様のお花をラベルで覚えていただけるようにしました。

さらに工夫した点としましては、出荷時の花苗にはお花がまだ咲いてないものも多いため、一番綺麗に咲いた状態の花の写真を目立つように大きく入れました。社長様には「うちの苗は販売時に花がないものが多いので、ラベルが綺麗で花代わりとなってありがたい」とお言葉をいただいております。

西垣園芸様は地元岐阜はもちろん全国の展示会にも積極的に出展されており、弊社はブースのディスプレー制作においても企画提案、前日準備などもサポートさせていただいております。

(写真)ブースのディスプレー

西垣社長様より

ラベル・ポップの印刷写真が綺麗なのはもちろん、花の打ち出しの企画から一緒に考えてくれるし、またその企画にあったデザインを提案してくれるので、ありがたい。なかなか他のラベルメーカーではできないので重宝しています。

有限会社 西垣園芸様のサイトはこちら